自宅でエイジングケアをはじめよう【アイテム選びのコツとは】

Menu

基礎化粧品

無くてはならない美容法

女性の間で人気の『エイジングケア』は止まることを知りません。老化改善や予防を成立してくれるメリットが強みです。マイクロ化させたヒアルロン酸やコラーゲンを塗布すると、皮膚が不足した成分を吸収していきます。

化粧水

アミノ酸で皮膚をケアする

アミノ酸誘導体を含むエイジングケア用品を使用する事によって、皮膚のコラーゲンの生成を促す効果が期待できます。ナールスゲンやネオダーミルなどの、最新の研究によって作られた成分を含むエイジングケア用品を使用してみてください。

頬を触る女性

ケアはいつからはじめるか

年齢を重ねていくと肌状態の変化が訪れます。しわやほうれい線を防ぐためには早めにエイジングケアをしていくことが一番です。エイジングケアは専用の化粧品を使ってケアするだけでなく、日常生活を意識して過ごすと身体の中からもケアすることができます。

スキンケア

年齢を意識すること

エイジングケアは出来るだけ早期に開始をしたほうがよいです。そうすることによってトラブルも軽減することができますし、悩みを抱えることもなくなるでしょう。出来るだけ30代から始めたほうが好ましいと言われています。

肌ケア用品

顔とデコルテのケア

顔だけでなくデコルテなどのエイジングケアも行っておかなければ、首筋や胸元のシワやシミになやまされる事になりかねません。若いうちからデコルテのケアを行っておく事で、他人に見られても恥ずかしくない皮膚を作り出す事をおすすめします。

選ぶ基準を確認

スキンケア

悩みに合った成分を

エイジングケアのために基礎化粧品を購入するという場合、自分が悩んでいる肌の状態に効き目がある美容成分を、配合しているかどうかを確認しましょう。エイジングケアに特化している基礎化粧品であっても、配合されている美容成分の種類によって効果に違いがあります。例えば、シワやたるみといった肌のハリ・弾力性が失われたことで起こる年齢肌の場合には、コラーゲンやレチノールといった美容成分でのエイジングケアが有効です。コラーゲンは肌のハリ感をアップする効果が、レチノールはターンオーバーを促進しコラーゲンやエラスチンの生成を促す効果が期待できます。この他に今美容業界で注目を集めている、リンゴ幹細胞エキスもシワやたるみのケアにおすすめの美容成分です。リンゴ幹細胞エキスは保湿効果にも優れているので、乾燥による目尻の小じわ対策としてもおすすめとなっています。肌のハリ感にはまだ問題は感じていないけれど、シミやくすみが気になるという時は美白成分を多く配合した基礎化粧品を選びましょう。ビタミンC誘導体やアルブチンといった成分は、メラニン色素を作り難くする効果がありシミ・くすみ対策に有効です。どのような美容成分が使われているかは、基礎化粧品のパッケージの裏などに記載されているので、商品を選ぶ時には必ずチェックしてみましょう。自分が今感じている肌の悩みにピッタリとあった、美容成分を配合してある基礎化粧品を選ぶことができれば、よりエイジングケアの効果も高まります。